歪みも豊かなZOOMのMS-50Gというマルチストンプのレビュー

エフェクター

ZOOMのMS-50Gというマルチストンプをご存知だろうか。

価格は新品にしても一万円に届かないという、初心者にも手の届きやすいエフェクターである。

ぼくはMS-50Gを一度手放してからまた購入するという、いわば復縁みたいなことを経験した身である。

やはり失って気づく大切さというものがMS-50Gにはあったらしい。

そんなこんなでMS-50Gとは切っては離せない関係となったぼくが、MS-50Gの魅力やMS-50Gを購入すべきギタリストを紹介する。

 

MS-50Gのレビュー

 

エフェクト数が豊富

既存のものだけでエフェクト数は100種類あったが、バージョン3.0のアップデートで72種類ものエフェクトを追加できるようになった。

ぼくはMS-50G単体で使う際にはチューブスクリーマー、マーシャルのモデリングとディレイしか使わないが、これはあくまでもぼくの好みによるものである。

空間系は試す感覚で色々遊んでみると楽しいし、特に歪みは選択肢が多い方がいいだろう。

 

音がいい

MS-50Gはデジタルエフェクターの大御所であるZOOM社のモデリング技術がふんだんに盛り込まれているため、音に関しては「一万足らずでこれ??」という感じだ。

もちろんぼくの大好きなケンパーとかいう高級なものたちと比べることはできないだろうが。

先ほども言ったが、歪みに関してはチューブスクリーマーとマーシャルのモデリングがかなり音がいい。

たまーに「なんだこれ」というのもあるが、その他も実戦で使えるレベルである。

空間系はZOOM社の定評通り文句はない。

 

使いやすい

初めのうちは説明書なしで操作するのは難しいかもしれない。

しかし慣れてくるとエフェクトやパッチの切り替え、チューナーの呼び出しなど、色々な機能を直感的に使うことができる。

稀に説明書を見ても全く使い方がわからないものもあるので、このメリットは大きい。

 

ライブパフォーマンス

使いやすいというところと被ってくるかもしれないが、チューナー付き・エフェクトパッチをすぐに切り替えられる・音がいいというところを見ると、ライブパフォーマンスが高いと言えるだろう。

実際にぼくもMS-50G一台だけでライブに臨んだことがあるが、あまりエフェクトを切り替えないというのもあってか、まったく支障はなかった。

 

ライン録りは弱い

あえてデメリットを話しておくと、ライン録りのレコーディングには向かないということだ。

ZOOM社も決してそのような用途で作っていないだろうし、「MS-50Gを使ってライン録りでレコーディングしたいんだけど」というなら避けておくのが無難だろう。

 

コストパフォーマンス

「コストパフォーマンスが高い」というのはもはや言うまでもないだろう。

しかし改めて強調させていただく。

このMS-50G、ほんとにコストパフォーマンスが高い。コスパ高い。

一台持っていて絶対に損はしない。

むしろ二台持っていてもいいくらいだ。

決してヤケになってそんなことを言っているのではない。

 

MS-50Gをおすすめできるギタリスト

 

MS-50Gとの相性がいいギタリストのパターンをいくつか紹介していこう。

一つでも当てはまる場合は、買っても後悔しないことを約束できる。

 

小規模ライブで演奏するギタリスト

高校や大学、または小さめのライブハウスなどでライブをするギタリストにこのMS-50Gはおすすめできる。

おすすめの使い方として、ライブ会場においてあるマーシャルをクランチ程度の設定にし、足元のMS-50Gでブースト加減を変えて歪み具合を変化させるというのがある。

この使い方ならば、アナログにより近い歪みのサウンドを得ることができる。

 

自宅で遊ぶだけギタリスト

自宅でギターを弾いて遊ぶだけというギタリストにこのMS-50Gはおすすめできる。

というのもエフェクト数が豊富で音もいいので、遊ぶにはもってこいというわけだ。

 

追加でエフェクターを買うかもしれないギタリスト

「もしかしたら追加でアナログエフェクターとか買い揃えていくかもしれない……」というギタリストにこのMS-50Gはおすすめできる。

何度も言っているように、このMS-50Gは空間系のエフェクトに妥協がない。

はじめはMS-50G一台で歪みから空間系まで補っていたが、歪み用にアナログエフェクターを追加したという場合でも、空間系専用として用いることができる。

ちなみに、最初から空間系専用で用いるというのならMS-50Gより空間系に特化した、空間系しか入ってないマルチストンプのMS-70CDRがおすすめ。

created by Rinker
ZOOM(ズーム)
¥9,218 (2019/12/14 08:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

もう重たいエフェクターボードを持ってられないギタリスト

そろそろ重たいエフェクターボードを持つ体力も精神力も無いというギタリストにこのMS-50Gはおすすめできる。

明日からMS-50G一台だけを持ち歩く系ギタリストになろう。

「練習だけでも機材を軽くしたい」というギタリストにもおすすめ。

 

お金がないギタリスト

これが当てはまるギタリストは迷わず買いである。

一台でも十分だし、後から他のエフェクターを追加しても邪魔にならないエフェクター。

MS-50Gはお金がないギタリストにとって、どれだけの救いとなるだろうか。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

MS-50Gの魅力は伝わっただろうか。

「あ、MS-50Gいいな」と思ったらこの機会にぜひ。

created by Rinker
ZOOM(ズーム)
¥8,762 (2019/12/14 08:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント