弾いてみたや歌ってみたの動画をYouTubeやニコニコ動画にアップする際の著作権について。

アコースティックギターを持つ少女のイラスト ギタリストのススメ

アーティスト曲のカバー動画に関する著作権

 

YouTubeで弾いてみた動画をあげたいな、と思った。

動機はシンプルで、注目されて自己顕示欲を満たしたいからだ。

しかしどうやら、弾いてみたや歌ってみたの動画は著作権的に複雑らしい。

そこで今回はYouTubeやニコニコ動画に弾いてみたや歌ってみたのカバー動画をあげる際の注意点を紹介し、これはセーフ/アウトという例を挙げてみよう。

 

カバー動画をあげる際の注意点

 

それでは注意点を紹介していく。

 

アーティストの音源を使わない

基本的に、アーティスト本人の音源を使うことは許されていない。

つまりどういうことかというと、

「YouTubeでよく見る弾いてみたや歌ってみたの動画はほとんどアウト」

だということ。

たしかにこの手法が一番楽だし、出来上がるカバー動画のクオリティは最も高くなると言えるだろう。

だが、著作権法に違反している。

あなたがそれをアップロードしたとして、訴えられたり動画が削除されたりしても、何一つ文句は言えないのだ。

もしかしたらアカウント停止処分とかになるかもしれないので、危ない橋は渡らないほうがいいだろう。

 

カバーする曲について

「アーティストの音源を使わなければ、どんな曲でも良い」

というわけではない。

ではどんな曲ならいいのかというと、著作権管理団体の管理楽曲である必要がある。

著作権管理団体には、JASRACやNexToneなどがある。

著作権管理団体の管理楽曲かどうか調べるにはここを見れば良い。

JASRAC→J-WID

NexTone→NexTone作品検索データベース

「せっかく打ち込んだのに著作権管理団体の管理楽曲じゃなかった……」

なんてならないように、カバーしたい曲があるか先に見ておくことをおすすめする。

 

動画をあげるサービスについて

JASRACの管理楽曲を利用できるサービス

YouTubeやニコニコ動画はもちろん、ツイキャスなどでも利用が可能らしい。

その他の動画サービスはあまり詳しくないから知らないが、自分の使いたいサービスで使えるかどうか確認しておくと良い。

ちなみに、たまに弾いてみたを見かけるがTwitterはダメらしい。

ぼくは今、急いで消してきた。

 

一部例外について

ただし、例外というものはある。

たとえば著作権使用料を支払っていたり、アーティストから著作権に関する許可を得ていたり。

そういったことなら、アーティストの音源を使っていいだろう。

また、ニコニコ動画には「レコード会社から利用が許諾された音楽原盤」があるらしい。

niconico-許諾楽曲検索

ここで見つけられることができれば、ニコニコ動画でアーティストの音源を使うことができるということだ。

ぼくがカバーしたい曲はあまり見つからなかったが。

 

これは著作権的にセーフ?アウト?

 

それでは具体例を見ていこう。

著作権管理団体の管理楽曲ということ前提として、話を進めていく。

 

CD音源に合わせて弾いてみた/歌ってみた

これはもちろんアウト。

上記の通り、例外はあるが。

YouTubeなどで「こいつ違反してるじゃねーか」って人がいたら、

「著作権使用料払ってるんですか?それともアーティストやレコードから直々に許可をもらっているんですか?」

とコメントしてあげよう。

本当に許可をもらっていて、あなたが恥をかく可能性はなくもないが。

 

バンド演奏を録画してアップ

これはセーフだろう。

注意しなければならないのは、バックにアーティストの音源を流してはいけないということ。

せっかくみんなで合わせたのに、そんなくだらないことで動画が削除されたら悲しい。

 

アーティストのライブ音源に合わせて

これはおそらく、アウトだろう。

ライブ音源も市販されているという時点で、著作権が発生している。

ライブ映像を背景に流すなんて、もってのほかだろう。

 

他の楽器を打ち込んで録音

これはもちろんセーフだ。

一人でそれなりのクオリティのカバー動画をあげるなら、もはやこれしかない。

めんどくさいが、あなたはあくまでもカバーする側だ。

カバー動画でちやほやされるっていうのは「虎の威を借る狐」状態であるということを忘れずに。

このくらいの努力はしなければならない。

 

アカペラや、自分の演奏のみ

これは超余裕でセーフだ。

ここまでくると一周回ってかっこいい。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

著作権、意外と厳しいだろう。

だが気に入ったのでもう一度言わせてほしいのだが、カバー動画をあげるというのは「虎の威を借る狐」だということだ。

別に狐は悪くない。

狐であることに誇りを持っていてもいいのだ。

音楽の楽しみ方は、人それぞれだ。

コメント