クリーンブースターの定番にして王者。【XOTIC EP Booster レビュー】

EP Boosterの画像 エフェクター

XOTIC EP Boosterの魅力

 

この商品は現在取り扱いされていません

 

EP Booster。

言い慣れてしまって何も違和感を感じなくなってしまったが、EPとはなんなのだろう。

ハッキリ言えることは、CDのEPではないということ。

まあ考えても出てくるはずもないので、調べてみた。

“クセ者” 1ノブ・ブースター&エンハンサー〜サイクロプスの憂鬱〜|連載コラム|Dr.Dの機材ラビリンス【デジマート・マガジン】
今回の機材ラビリンスは「1ノブ・オペレーションを基本とするブースト/エンハンス・ペダル」集である。その中でも音量を増幅することによって新たに加わる「音色変化」を楽しむ為に作られた、ちょっと変わったペダルたちに注目してみた。たったひとつのノブを上げ下げすることで、音量と共に何が変化するのか? それを吸収、消化しながら、積...

デジマートマガジンによると、EP BoosterのEPとは、ビンテージ・テープ・エコーの名機「Echoplex EP-3」が由来になっているらしい。

 

EP Boosterの基本情報

 

タイプ:ブースター

コントロール:名称なしノブ×1

サイズ(W×H×D):3.8×8.9×3.8 cm

重量:260g

電源:電池(006P),電源アダプター(別売り)

特徴:トゥルーバイパス

サウンドハウスより引用

EP Boosterの魅力

 

それではぼくが使ってみて感じているEP Boosterの魅力を紹介しよう。

 

小さい

某伝説のクリーンブースターみたいに、ドーンとでかいのも迫力があっていいが、基本的にはコンパクトの方が都合がいいだろう。

小さい方が、エフェクターボードにかなり導入しやすい。

あと、小さい方が可愛らしい。

 

軽い

エフェクターを持ち歩く系ギタリストからしたら、これほど嬉しいことはない。

ボードの中に入っているときもその恩恵を授かることができるし、ぼくがおすすめしたいのはスタジオに練習に行くときにEP Boosterだけ持っていくこと。

もちろんクリーンブースターだから単体では歪まないが、殆どのリハーサルスタジオに常設してある、マーシャルアンプの前段につなげば美味しい音を出せる。

 

バッファとしても使える

EP Boosterのノブを0にしてONすると、音が変わる。

音が太くなるというか、煌びやかになるというか、ギタリストとしての存在感が強くなる。

これは実際に試して実感してみてほしい。

 

昇圧できる

EP Boosterを昇圧すると、サウンドにコシや張りが生まれる、らしい。

というのも、ぼくはしたことがない。

まあいつか、昇圧でどう変わるか、比較する動画でも出そう。

 

見た目がかっこいい

シンプルなカラーリングに、一つしかないノブ。

最高にロックでかっこいい。

下らなくはない。

エフェクターのルックスは、ギタリストにとっては大事なことなのだ。

 

最後に

 

ぼくはEP Boosterを2年間愛用しているが、もうなくてはならないエフェクターの一つになっている。

そろそろ二つ目を買って、バッファ用とブースター用とで分けたいとも考えている。

それほどまでに、EP Boosterは重宝すべきエフェクターなのだ。

 

この商品は現在取り扱いされていません

コメント