ブロガーが副業としてライティングで稼ぐならココナラがおすすめな理由

ブログ/副業

ココナラというサービスをご存じだろうか。

簡単に説明すると、「自分のスキルを売ることができるサービス」である。

イラストやプログラミング、動画編集や作曲など、売ることのできるスキルは例を挙げればキリがない。

「そんなお金にできる秀でたスキルなんかないよ~」と思うだろうか。

決してそんなことはないのである。

あなたには文章を書くスキルがあるはずだ。

ここでいう文章を書くスキルというのは文豪のような並外れたものではなく、「読みやすい文章を書くことができるスキル」を指す。

それすらも自信がない人はあまりいないのではないだろうか。

何はともあれ、あなたの文章を書くスキルはお金になる。

興味がある人はぜひ最後まで見ていってほしい。

そもそも、ココナラがおすすめな理由とは

 

登録・利用料が無料

何かと「無料」と宣伝すればいいというわけでもないと思うが、ココナラは登録も利用料も無料なのだからこれを伝えない義理はない。

かといって「ココナラって完全無料でサービスを提供するドラえもんみたいな存在なの?」と聞かれると、「決してそうではない」という答えが出てくる。

どういうことかというと、ココナラは売上から25%の手数料を持っていくメルカリと同じようなシステムを採用している。

「じゃあメルカリでよくない?」という誰も挙げないような疑問にあえて答えを返すならば「メルカリはモノを売るサービスで、ココナラはスキルを売るサービスだ」という答えになる。

このようなネットのサービスは「サービスの権威性を借りているのだから手数料を取られるのは仕方がない」と割り切るしかない。

 

直接やり取りなのでお手頃価格

「お手頃価格って買う人のメリットじゃん!」という声が聞こえてきそうだが、それは売るほうにもメリットがあるのだ。

ブックオフとメルカリを例に挙げて説明しよう。

ここでいうブックオフは間接やり取り、メルカリは直接やり取りという構図の比較だ。

あなたは一冊の本を持っている。

状態はいいが、もう読むことがないだろうからいっそのこと売っていしまいたい。

まず間接やり取りであるブックオフで売ろうとしてみる。

査定額は10円足らず。

経験のある人はわかるかもしれないが、大体こんなものだ。

それをしばらくして店頭で見てみると、状態がいいので新品に近い価格で売られている。

これを知ったあなたは、直接やり取りであるメルカリで別の本を同じような価格設定で売ってみる。

ところが、売れない。

仕方なく、ギリギリ妥協できるところまで価格を下げてみる。

すると売れた。

始めに売ろうとしていた価格よりは下がってしまったが、ブックオフで売った時の価格よりははるかに高い。

ここで重要なのはメルカリで買ってくれた人、つまり取引相手はブックオフで買うよりはるかに低い価格で本を手に入れることができているということである。

お分かりだろうか。

ブックオフで買うより安いからメルカリで本を買うし、売るほうもメルカリで売ったほうが多くのお金を得られるからメルカリで売る。

もちろんブックオフがぼったくりというわけではなく、ブックオフは在庫リスクを抱えるがために必然的にこのようになってしまう。

つまりメルカリやココナラはサービスの権威性を貸すためだけに最低限の手数料を取るだけなので、売る側はより高く、買う側はより安くという構図を作ることができるのである。

 

安全

「いくら便利だからと言って、安全性がわからないと怖くて使えない」という人もいるだろう。

そこでココナラの安全さを説明していく。

匿名

スキルを提供するだけなので、ココナラは匿名で利用することが出来る。

本人確認などに本名や住所を入力する必要はあるが、取引相手に表示されることはないので安心して利用することが可能だ。

取引が決定してからのやり取りも完全非公開になる。

確実にお金を受け取れる

「取引相手がお金を払わないとかないの?」という不安もあるだろうが、これについても特に問題はない。

ココナラは取引相手がお金を支払うところから取引が始まり、取引終了時に相手が自分を評価すると自分の手元にお金が入ってくるというシステムを取っている。

つまり一度ココナラがお金を預かり、取引終了が確認出来たら売る側にお金を渡すというイメージがわかりやすいだろうか。

ないとは思うが、取引が終わっても相手が評価してくれないという事態になってもココナラに問い合わせればしっかりお金は入ってくるので心配はない。

 

副業のライティングにココナラがおすすめな理由

 

ここまでココナラそのものがおすすめな理由を書いたが、ここからは副業のライティングにココナラがおすすめな理由を紹介していく。

 

いい経験になる

ココナラを用いてスキルを売るというのは、一種のビジネスであると言っても過言ではないだろう。

これは今後生きていく中で決して無駄ではない経験だ。

ココナラは「自分の力でも稼ぐことはできる」というのを最も手っ取り早く実感できるサービスなのではないだろうか。

 

収入の柱が増え、安定を図れる

上手く依頼を募ることができれば、評価も増えて自分の名前をブランドとして築き上げることができる。

こうなれば依頼は安定して入ってくるようになる。

そうすればライティングだけで月数万という額を安定して稼げるようになるだろう。

それだけで生きていくというのは無理な話かもしれないが、収入の柱が増えればお小遣いアップやより安定した暮らしにつながる。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

今回の話をまとめると「副業としてライティングを選ぶならココナラで売るべき」ということである。

ココナラの無料登録はこちらからどうぞ→coconala.com

コメント