「Studio one 4の音質がPro Toolsに寄った」とかいう噂は本当?

作曲/DTM

「ワタシ、まだStudio One 3を使ってるの!」

去年(2018年)だかいつだかに我が愛しのStudio Oneは3から4にアップデートされた。

もちろん無料でされるものではなく、1.5諭吉さんくらいのコストがかかるらしい。

ぼくは「へっ、どうせそんな変わりゃしないんだろ?」と頑なにアップデートを拒んできたが、ある言葉に耳を惹かれてしまった。

「Studio One 4って音質が3よりPro Toolsに寄ってるらしいぜ!」なんて。

DTMerがあこがれてやまない、Pro Tools

「Pro Toolsって言えばよお、レコーディングスタジオとかに大体置いてあるあれだろ?」

そう、あれ。

いや論理的に考えてほしいだろPro Tools。

「じゃあ買えばいい」ってそうはいかない。

Pro Tools、高いよお……

そりゃあ金さえあればPro Toolsを今すぐにでも導入したい。

ただし「金さえあれば」の世界線が存在した場合に限る。

果たしてそんな世界線があっただろうか?

いや、今のところはない。

その事実がぼくをStudio One 4のアップデートへと向かわせる。

後悔は挑戦してからするもん

たかがDAW、されどDAW。

こちとら人生かけてDTMという遊びをしているわけなのだ。

「史上最高の遊びなんだから本気でやるってもんでしょ?」というセリフは最近見たアニメから拾ってきたもの。

今まで共に寄り添ってきたStudio Oneを試す前から見捨てるなんて、人間として最低だ。

とことん付き合って、一緒にてっぺん取ろうぜ!

「Studio One 4にアップデートしてみた」みたいな内容の記事はまた後日。

コメント