ドラゴンボールZサイヤ人編|幼年期の孫悟飯が可愛いのはどうしてか

漫画/アニメ

AmazonのPrime VideoでいつのまにかドラゴンボールZが配信されていたため、最近は寝る間も惜しんで視聴している。

primeが外れないうちに、ぜひ視聴して欲しい。

ドラゴンボールZ – Prime Video

それはさておき、ドラゴンボールZに出てくる幼年期の孫悟飯(以下、悟飯)の可愛さついて言及したいのだが。

一体何なんだ、この可愛い生き物は。

いや、サイヤ人と地球人の混合種だ。

可愛いものを目の当たりにしてしまうと、人はみな語彙力を失ってしまう。

悟飯の場合も同様である。

とりあえず悟飯を弟か息子にしていつまでも大事に守ってあげたい。

ぼくのほうが戦闘力が低いのは確かなことだけれども。

そろそろ語彙力を取り戻して悟飯が可愛い理由を話していきたい。

孫悟飯の幼年期が可愛い理由

んがわいいいいいいいいいいい

その人の印象というものの大方は顔で決まる。

悟飯が可愛くて仕方がないのも、顔が可愛いからというのが最も大きな要因である。

愛らしい目に鼻、頬や眉毛まで、チチというヒステリックな母親が誕生してしまうのも頷けるほどの愛らしさである。

頬にスリスリしたい。

まあ悟飯の声というよりは野沢雅子の声なのだが。

しかしそんなことは大した問題ではない。

可愛ければいいのだ。

余談だが、野沢雅子は一人で最大三役を一つのストーリーの中で演じたとしても一話分のギャラしかもらえないらしい。

性格

顔や声だけだったら正直あんま大差ない悟空や悟天でもいいのである。

しかし悟飯には彼らにはない魅力がある。

まずは、自然や動物への思いやりがあること。

なんて良い子なのだろう。

将来は良いお父さんになりそうだ。

というか実際なっている。

それと、仲間のために怒れること。

なんて良い子なのだろう。

悟飯が仲間のために怒るシーンでは幾度となく涙腺を崩壊させられた。

サイヤ人編では戦闘中にビビってることが多かったが、可愛いから許せる。

戦闘力

悟飯は小さくて可愛いのに強い。

それがギャップとなって余計に萌えるのだ。

悟空が同じ年齢だったときと比べると、その差は一目瞭然である。

まあこれに関してはストーリーの展開上そうならざるを得ないと言えばそれまでなのだが。

フリーザ編からはほんの少し心強くなってしまったが、さっきも言ったようにサイヤ人編ではビビってることが多かったために「ビビってるけど実は強い」みたいなのがすごく良かった。

将来は武道家の娘という強そうな感じの女性ではなく、か弱い女の子と結婚して守ってあげて欲しい。

最後に

どうだっただろうか。

悟飯が可愛い理由を改めて認識することができただろうか。

ぼくと一緒にドラゴンボールZを一から見て、悟飯の成長を見守っていこう。

ドラゴンボールZ – Prime Video

コメント