「歌ってみた動画」の音源の作り方&Amazonで買えるコスパ最強のおすすめ機材

作曲/DTM

「歌ってみた」をYouTubeやニコニコ動画にあげたい……!

と、思っているそこのあなた。

ぶっちゃけYouTubeとかでよく見るような有名な歌い手さんとかがあげてる動画ってそんな簡単に出来てるものじゃありませんよ。

最低限必要な機材を集め、最低限必要な知識を使って一つの作品を作り上げていく必要があります。

今回はその全てを話そうというわけです。

前半は必要な機材を紹介するのがメインなので、「そんなん持ってるから早く作り方を教えてくれよ」って方は目次から「カラオケ音源を用意する」の項目まで飛んでください。

「歌ってみた」に必要な機材を揃える

マイク

created by Rinker
オーディオテクニカ(audio-technica)
¥10,500 (2019/11/14 00:48:32時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくの友達がこれ持ってるんですが、この価格にしては音質がすごい良いです。

流石オーディオテクニカ、って感じです。

おそらくこの価格帯のマイクの中でコスパ最強なのでほとんどこれ一択と言ってもいいでしょう。

ポップガード

created by Rinker
Jupiter(ジュピター)
¥1,680 (2019/11/14 00:48:32時点 Amazon調べ-詳細)

ノイズや唾飛びを防止する役割を持つポップガード。

これを忘れると、意外とクオリティに差がついたりします。

このジュピター社のポップガードは手軽にマイクに装着できるのでおすすめ。

キャノンケーブル

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥1,999 (2019/11/14 00:48:33時点 Amazon調べ-詳細)

マイクとオーディオインターフェイスを繋ぐために必要なキャノンケーブル。

とりあえずオーディオテクニカ製のものなら間違いはありませんが、自宅の環境によって長さはそれぞれ検討したほうがいいかもしれません。

マイクスタンド

【7%offクーポン対象商品!10月26日9時59分まで】マイクスタンド MCS-4400 [MCS4400]

created by Rinker
¥3,560 (2019/11/14 00:22:46時点 楽天市場調べ-詳細)

これを忘れるとマイクを手で持つハメになります。

人によっては卓上に取り付けるものの方が省スペースになるのでおすすめです。

マイクスタンドの脚の部分って案外スペース取るんですよね。

「卓上に取り付けるものがいい」という方は自分のデスクは取り付けられるタイプか、あらかじめ確認してから買いましょう。

パソコン

「歌ってみた」を作るだけに限らず、DTMをする人なら一台は持っておきたいパソコン。

大事なのはスペックです。

・メモリ8GB以上

・Core i5以上

・SSD250GB以上

・HDD500GB以上

これらのスペックを満たすパソコンはお持ちでしょうか。

まあ多少のスペック劣りは許容範囲かもしれないですが。

メモリは4GBだと少し不安なところです。

持っていればそのままGO。

持っていなければお金を貯めてパソコン買いましょう。

お金があるなら買いましょう。

家電量販店で売っているようなものではなく、「BTOパソコン」という自分で好きなようにスペックをカスタマイズできるものをオススメします。

価格帯などが気になる方はBTOパソコンでも有名な、マウスコンピューターの公式サイトをチェックすることをオススメします。

マウスコンピューター

オーディオインターフェイス

マイクとパソコンを繋ぐために必要不可欠なオーディオインターフェイス。

上のUR12という機種は入力端子が一つですが「ギターやピアノの弾き語りをするために入力端子が二つ欲しい」という人はUR22という機種がおすすめ。

どちらも非常にクリアな音質で、全くストレスなく使えるという印象ですね。

ちなみにこのSteinbergというメーカーのオーディオインターフェイスを買うと「Cubase AI」という最低限必要な機能を揃えたDAWソフトが付いてきます。

最低限とは言っても問題なく録音は出来るのでおすすめ。

DAWソフト

細かいミックスまでこだわりたいという人は、オーディオインターフェイスに付属しているDAWソフトとは別に用意しましょう。

ぼくがおすすめするのは「Studio One 4」です。

まず価格だけをみても、よく比較される「Cubase」より最上位版が安く、コストパフォーマンスに優れています。

次に扱いやすさ。

「どこで何をしたらいいか」が直感的にわかるので、初めてDAWソフトを扱うという人にも分かりやすいです。

あと動作が軽いので、スペックがあまり高くないパソコンでも落ちにくいです。

これからDTMを始める上で、これ結構大事なことだったりします。

落ちるとマジで萎えるので。

あと自分でMixをする人に限った話なんですが、録音した後に「ピッチ補正」という作業が必要になりまして。

そのピッチ補正とやらに定評のある「Melodyne」というツールが、Studio One 4の最上位版には付属していたり。

モニター用のヘッドホンかスピーカー

モニター用に必ずヘッドホンかスピーカーを用意したいところなんですが、ぶっちゃけヘッドホンを選べばいいと思います。

「自分でMixをしない」という人は、上にあるオーディオテクニカのモニターヘッドホンがコスパ最強なのでおすすめ。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥15,500 (2019/11/13 10:49:11時点 Amazon調べ-詳細)

「自分でMixをする」という人は、このSONYのMDR-CD900ST一択です。

オーディオテクニカと違うのはMixをする際にどうしても聴きたい細かい部分まで正確に聴けるということ。

プロのレコーディング現場でも使われている代物なので、本格的に取り組む人にとってはこれで間違いないという感じです。

「自宅でも大きな音を出せる」という人はモニタースピーカーを検討してもいいかもしれません。

スピーカーがヘッドホンより優れている点としては「長時間作業していても耳が疲れない」ということ。

ですがスピーカーより値段が張ります。

モニタースピーカーの方は詳しいレビュー記事があるので気になる方はどうぞ。

【iLoud Micro Monitor レビュー】超小型モニタースピーカーならこれがおすすめ【IK Multimedia】
iLoud Micro Monitorのレビュー iLoud Micro Monitorを購入し、半年ほどが経過した。 3万ちょっとのお値段がするので、他のモニタースピーカーと色々比較してこれにたどり着いたわけだが、...

ここから本格的に「歌ってみた動画」の作り方を紹介していきます。

カラオケ音源を用意する

フリー素材を使うでも自分で作るでも誰かに依頼するでもいいですが、とにかく著作権に触れないものを用意する必要があります。

著作権の細かい話はまた別の記事で。

YouTubeやニコニコ動画に上げる「歌ってみた」で著作権違反を回避する方法
歌い手を目指すなら避けては通れない「歌ってみた」。 というかそれが歌い手の全て。 別に歌い手を目指していなくても、知名度が欲しければ、流行りの曲を歌ってみてYouTubeやニコニコ動画などにあげるのは戦略としては大いにありです。...

録音をする

さあ、ここからが実力の見せ所です。

と、その前に、用意したカラオケ音源をDAWソフトに読み込みます。

そしてボーカル用のトラックを作成し、マイクの音量をある程度調整します。

で、録音。

納得いくテイクが録れるまでひたすら繰り返しましょう。

喉を痛めない程度に。

Mixをする

先に断言しておきますが、Mixって結構難しいです。

めっちゃ難しいです。

初心者は本当に上手くいかないことが多いです。

だから最初から他人任せでもいいと思うんですが、「絶対にそんなお金出せない」とか「挑戦してみたい」という人のために一応、手順を紹介します。

ピッチ補正をする

よほどの鬼才でない限り、録音した音源にピッチのズレはあります。

そこで、このピッチ補正という作業。

まあやることは単純です。

録音した音源をピッチ補正のツールに読み込ませ、ピッチがずれているところをちまちま調整していく。

単純ですが、シンプルにたくさんの作業量を要求されるので大変です。

ちなみに、どんなに上手いプロの歌手の音源にもピッチ補正はされています。

コンプレッサーをかける

録音したままの音源は音量にばらつきがあります。

それを整える役割がコンプレッサーです。

原理としては大きいところを潰して均等にするというだけなんですが、実際に扱うとなると複雑で本当に難しいです。

イコライザーをかける

音にはそれぞれ帯域というものがあります。

ざっくり言えば高いか低いか。

それをHzで表します。

で、音源を作る上で、持ち上げたい帯域や不要だから削りたい帯域が出てきます。

これを自分の耳でよく聴き、パラメーターを動かして調整します。

これをしないとこもった音になったり、耳に痛い音になったりと、Mixの中でも大事な部分だったりします。

空間処理をする

まずリバーブを使ってオケに馴染ませます。

コツはギリギリリバーブ成分を感じない程度にかけること。

そしてディレイをかけてボーカルパートの存在感を出します。

ここの手順は人それぞれですが。

Mixが上手くいかない場合

Mixの手順を簡単に説明していきましたが、いざ自分で全てやろうとなると本当に大変です。

「歌ってみた」がメインなのに、ここで挫折してしまっては元も子もありません。

だからお金に少しでも余裕がある人なら、依頼して外注しましょう。

つまり「Mixが上手な人に丸投げしちゃおう」ってことです。

できるところで楽をしましょう。

知り合いにMixが得意な人がいるならその人に頼めばいい話ですが、そんな都合いいことは滅多にありません。

そこでココナラという比較的個人でも依頼しやすいサービスの登場です。

レコーディングスタジオとかに持ち込んでMixしてもらうのもありですが、それだとウン万円かかります。余裕で。

でもココナラは個人がそれぞれで自分のスキルを売っているだけなので「最低限の価格」といった印象です。

気になる方は、無料登録をして実際に探してみることをおすすめします。

ココナラ

「歌ってみた」の完成……!

何はともあれMixの作業も終われば、ついに「歌ってみた」の完成です。

これに歌ってる風の動画をつけたり静止画をつけたりして、動画を完成させましょう。

そしてYouTubeやニコニコ動画にアップしてチヤホヤされてきましょう。

と、今回はこれで以上になります。

お付き合いどうもありがとうございました。

それでは素敵な歌い手ライフを!

コメント