Saucy Dog(サウシ―ドッグ)てバンドのいつかって曲の歌詞とかが秀逸な件

可愛い犬のイラスト 音楽のススメ

Saucy Dogというバンドをご存知だろうか。

バンドが好きで、YouTubeでよくMusic Videoなどを漁ることがある人は一度は目にしたことがあるかもしれない。

Saucy Dog / いつか(Official Music Video)

そう、この曲のバンドだ。

このバンドの経歴やメンバーの詳しいことは公式HPなどで確認できるのでそこはそこに任せるとして、今回はなぜこの曲が600万回再生以上(2019年1月現在)もされているか、考察していきたい。

まず、やはり歌詞。

600万回再生もされるという事は、もちろんたくさんの人に聞かれたということもある。

だが、このバンドの他の曲の再生回数をみると、一人当たりの再生回数が比較的多いのではないか、ということが窺える。

他のメディアなどからの流入が、どの曲よりも多かったという可能性もあるが、どちらにせよこの曲は魅力的であるということだ。

音楽が、人々の感情に訴えかけるもの。

それは様々であるが、まず歌詞に注目してみたい。

「君」が見えてくる。

あなたに、恋人がいるかどうかは分からない。

だが、この曲を聴いていると、あたかも「君」がそこにいるように思えて来ないだろうか。

「君」とのふわふわした日々が鮮明に想像させられる。

恋人欲しいよね。

なぜか、懐かしい。

あなたは、この歌詞のような体験をしたことがあるだろうか。

いや、きっとない方が多いだろう。

あなたは湖で仰向けになったことがあるだろうか。

ぼくは、ない。

しかし、こんな事は他人が書いた歌詞なんだから当然と言えば当然である。

にも、関わらずだ。

この曲を聴いていると懐かしい気分になってくるのは、ぼくだけだろうか。

聴き手の感情に訴えかける力が、この歌詞にはある。

歌を、最大限引き出す曲作り。

 

あくまで、主役は歌。

全体的に、歌を目立たせるような作りになっている。

かといって、存在感はしっかりと感じられる。

歌が、スンナリと耳に入ってくる。

これは簡単なようで、難しい。

どことなく、浮遊感を感じる。

この曲、ベースがよく聞こえるだろう。

これは音作り云々もあるが、ベースとしては基本的に高い音を弾いているからだろう。

これがまた、聴いていて心地よい。

あと、このバンドはコーラスが特徴的だと思う。

コーラスというより、もう一人出来上がったボーカルがいるような感覚だ。

これがまた、聴いていて心地よい。

聴いてて飽きない、曲の構成。

この曲は、Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、Cメロ、ラスサビのような構成になっている。

Cメロの部分をどう定義するかは人それぞれだと思うが、1番のサビに当たるところで同じメロディが来なかったときは、良い意味で期待を裏切られた。

このようにありきたりでない構成で作られていて、最後まで一つのストーリーを見ているように聴いていられる。

なんだかんだ、メロディと歌声。

耳を充足感に満ち溢れさせるメロディに歌声。

こんな綺麗なメロディと歌声を聞いたのは久しぶりだ。

歌声といえば、このバンドのボーカルの石原さんは、曲の雰囲気によって歌い方を微妙に変化させるのが上手いと思う。

そういった奥深さも兼ね備えているので、ぜひ他の曲も聴いてみてほしい。

カントリーロード [ Saucy Dog ]

created by Rinker
¥1,556 (2019/07/21 12:25:41時点 楽天市場調べ-詳細)

最後に

新しい音楽を好きになることは、自分の生活に彩りをプラスするようなものだ。

このバンドをフォローしていて損はないだろう。

それでは、音楽と素敵な毎日を。

コメント