通勤通学の満員電車で痴漢の冤罪被害やトラブルを回避する方法

生きる秘訣

痴漢は犯罪だ。

女性の気持ちも考えずにする痴漢という行為は人間として最低だ。

いくらストレスがたまっていようが、他人に危害を加えたのだから犯罪として取り扱われて当然である。

そこに関しては異論の余地はないだろう。

だが世の中には痴漢の冤罪被害というものが存在する。

痴漢をしていないのに性犯罪者と見なされてしまうのである。

痴漢の冤罪をテーマにした「それでもボクはやってない」という映画もあるくらいだ。

たしかに痴漢という犯罪は人間として最低であるが、やってもいないのに性犯罪者と見られたくはない。

 

痴漢の冤罪被害を防止する方法

 

満員電車に乗らない

それができたら苦労はしない現代人。

しかし満員電車になる駅から自転車に乗り継ぐなどすれば可能だという場合もある。

自転車に乗ることによって健康にもつながるので一石二鳥だ。

夏や冬から始めるのは辛いので、春や秋の過ごしやすい気候の時期から始めてみてはどうだろうか。

 

鞄を抱きかかえる

あらかじめ両手を塞いでおいて痴漢冤罪を回避する方法Part.1。

片手の空き無くして痴漢などできるわけがないのである。

誤って女性に触れてしまうこともない。

それを周りの人が見ておいてくれればより安心である。

 

両手でつり革を持つ

あらかじめ両手を塞いでおいて痴漢冤罪を回避する方法Part.2。

この場合には、周りの迷惑にならないように鞄を自分の足元に置いておくことが大切である。

 

知り合いと乗る

通勤通学のルートが同じ知り合いがいるなら一緒に通うべきだ。

互いに他人に対しての壁になることができるし、いざという時は証人になってくれるはずである。

知り合いと向かい合っていれば痴漢をできるはずはないだろう。

 

DNA鑑定をしてもらう

北村弁護士も勧める冤罪回避法。

参照元はこの記事だ。

北村弁護士によると警察側も被疑者の「DNA鑑定をしてくれ」という訴えを無視して検挙するのは難しいとのこと。

本当に痴漢をしてなければ指紋の有無で無実が証明されるはずなので、上記の対策と合わせて知っておいてほしい。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

今回は痴漢冤罪を回避する方法を紹介したが、一番大切なことは「痴漢をしない」ということだ。

現代を生きる上でストレスを抱えてしまうことは避けては通れないかもしれないが、それを赤の他人にぶつけてはならないのである。

そうなる前にストレスの根元を解消するか、ストレスを発散できるような趣味を作るべきだ。

一度きりの人生を自分の手で壊さないように。

 

コメント