学生バイトで稼いだら貯金をするより【将来の自分に投資】した方がいいというお話

お金

学生よ、毎日を謳歌しているだろうか。

学生でいられる時期なんて日本の平均寿命から見たら25パーセント以下で、あっという間なものだ。

悔いのない人生を送ってほしい。

いや、後悔なんてどう生きたってする人はするんだから、せめて毎日を必死に生きてほしい。

しかしながら避けられる後悔は避けたいものである。

そこで今回は、後悔のないお金の使い方を紹介しよう。

高校生、大学生各位、バイトをしているか?

あなたたちはバイトをしていますでしょうか。

していないでダラダラ過ごしている時間があったら、今すぐに始めるべき。まあ、無理のない範囲で。

よく言われてはいるが、バイトは非常に良い人生経験になる。

あまりよろしくない労働環境のバイト先にぶち当たれば人間関係の難しさ、職探しの重要性などなど、いやというほど思い知ることになる。

まずは楽とは言えなくとも、働いていて精神的につらくないバイト先を探そう。

詳しいバイト先の探し方などについては別記事にて紹介したいと思っている(実行されるかは不明)だが、簡単な判断材料としては、そこで働いている人が楽しそうかどうか。

接客業なら誰しも笑顔のはずだが、それが心からの笑顔か、作り笑いかを直感で受け取るのだ。

心から笑顔でいれる職場なら、多少忙しくとも楽しいはず。

バイトで稼いだお金。どう使おう

さあ、あなたはバイトでお金を稼ぐことに成功しました。

だけど実家暮らしなので、正直なところ結構余裕があります。

 

ここで図に乗って遊びまくって散財してはいけない。

確かに一時の幸福は得られるかもしれない。

だが、それこそ後悔するようなお金の使い方だとは思わないだろうか。

それでは賢い選択とはいったい何だろうか。

余裕のある分、すべて貯金?

確かに間違ったお金の使い方ではない。

将来に役立つので、後悔だってしないだろう。

しかし貯金というのは、未来の自分を豊かにするもの。

どうせだったら今の自分と未来の自分、どちらも豊かにしてみないだろうか。

そこで今回の本題、「将来の自分への投資」である。

将来の自分への投資、いわゆる「自己投資」

「自己投資」という言葉を聞いたことがあるだろう。

その名の通り、自己に対して投資することである。

やり方は簡単。

将来なりたい自分に必要なスキルは何か、そしてそれを伸ばすためにお金をかけるのだ。

音楽家なら教室に通う、英語なら英会話教室に通う、などなど。

習い事に限った話ではない。

それに関する本をたくさん読んだりするだけでも良い。

読書こそ、最もコストパフォーマンスのいい投資である。

いろんな人の考え方に触れ、「なるほどー」とか「いや、それはちょっと違うんじゃ?」と、自分だけの考え方を育てていくことが大事。

それはきっとあなたの人生を豊かにする糧になる。

ただ、「将来のなりたい自分がみえない……」という人は、何となくで習い事などに金を使うのは非常にもったいない。

そういう人こそ、貯金をして自己投資への準備をしていったらいい。

学生は社会に出るための準備期間である。

必死に毎日を生きているうちに、本当にやりたいことが見つかるだろう。

それが無謀だと思えても、挑戦するべきだ。

仮に失敗したとして、学生のうちは誰にも責められたりしない。

むしろ、うまくいったときは「学生なのにすごい!」と、なるはず。

まさにローリスクハイリターン。

「少年よ、大志を抱け」ってクラーク博士も言っていた。

コメント