My Hair is Bad(マイヘア)のboys収録曲、化粧のMVが公開された

マイヘア 化粧 MV 音楽のススメ

My Hair is Bad(以下マイヘア)の4thフルアルバム「boys」に収録されている「化粧」のMVが公開された。

駆け抜けるようなギターサウンドが特徴的なマイヘアだが、今回はストリングスなども交えた聞きなれないサウンドに仕上がっている。

と、堅苦しい入りはここまでにして、このMV公開のタイミングにあわせ、ぼくがこの曲やMVに思うところを書いていこうと思う。

衝撃的なMVの入り

なんと、MVの出だしから下着がうつる。

その色は真っ白。

椎木の思惑が見て取れる。

真っ白い下着、モノクロな映像。

色の情報が少ないところに、より想像力を掻き立てられるだろう。

のちに映る肌色にギャップを強く感じてしまう。

ストリングス

前述の通り、この曲にはストリングスがふんだんに使われている。

いってしまえば、「マイヘアらしくないサウンド」だ。

それでもあえてストリングスのサウンドを入れたということは、マイヘアが一段と高みを目指しているという決意を見て取れる。

今や全国の大きなホールを埋め尽くすマイヘアだが、さらに進化していきそうな予感がする。

セミアコ

あれ、レスポールはどうしたんだ椎木。

まあ最近のMVではむしろレスポールを使っていることのほうが珍しいが。

ストリングス同様、椎木は既存のサウンドに満足しているなんてことは決してないのだろう。

コードの響きが優しいね。

裏声

最近きれいな裏声をよく使いますよね椎木さん。

いろんな側面から「進化」の二文字を感じ取れてもうマイヘアには感服。

そろそろ日本が狭い箱に思えてくるんじゃないかなって感じるんだけど、マイヘアは狭い箱がお似合いだよね、いい意味で。

でもどんどんカラオケで歌いづらくなってるから少しつらい。

まとめ

もうマイヘアは成虫だけど、これからも脱皮を繰り返すらしい。

たまには羽を休めてもいいとは思うけれども。

コメント