【ダイエットにもおすすめ】自宅でできる簡単な筋トレのメニューを紹介。

筋トレをする男性のイラスト 生きる秘訣

おすすめの筋トレのメニューと継続するコツ

 

なぜ人は運動をするのか。

それは健康のためだったり、デートのために痩せるためだったりする。

何はともあれ、運動が生活にもたらす効果は至って絶大である。

つまり、運動をして損をする人など存在しない。

だが、この世には運動を避け続けて生きてきた人がいる。

それはあなただ。

なぜあなたは運動をしないのか。

それは始めるのも面倒だし、運動は疲れるからである。

そんな困ったちゃんのあなたに、楽な筋トレのメニューや継続するコツを紹介しよう。

個人的に、筋トレはお風呂の前にすることをおすすめする。

お風呂の後に汗をかくのは嫌だろう。

 

筋トレのメニュー

 

腕立て伏せ

筋トレの基本中の基本、腕立て伏せだ。

やり方はわかるだろう。

コツは、速くやるのではなく、ゆっくり上下運動をすること。

 

腹筋

目指せ、シックスパック。

腕は胸の前で組んでも頭の後ろで組んでも良い。

勢いで上がるのではなく、しっかりと腹筋を使ってることを意識して上体を起こすこと。

余裕があるなら、上体を起こしてから体をひねると、より効率的に効果を得られる。

 

背筋

背筋のやり方はわかるだろうか。

うつ伏せになり、背中の筋肉で上体を起こすというトレーニングだ。

これも勢いで上げず、しっかりと背中の筋肉を意識して上体を起こすこと。

ちなみに背筋を鍛えると、姿勢が良くなる・痩せる・肩こり改善などの効果が見込めるらしい。

 

表情筋

表情筋のトレーニングは、顔痩せの効果が見込める。

顔のお肉が気になる人は必見だ。

トレーニングの方法としては簡単で、大きく口を開いて、口パクで「アイウエオ」を繰り返し発音する、たったこれだけ。

これを機に普段からよく喋る・笑うなどして、表情筋をしっかりと使うことを意識すると良い。

 

筋トレの後に

筋トレが終わったらストレッチをしよう。

ストレッチをすることで、ケガの予防になる。

ストレッチの内容としては、「ここ、筋トレで使ったなー」と思うところをほぐせば良い。

 

継続するコツ

 

せっかく筋トレを始めたのに、三日坊主になっては意味がない。

いや、三日続くだけでもマシだ。

大切なのは、継続すること。

 

いきなり頑張りすぎない

今日から始めるのに、全メニュー100回ずつこなすなんて無謀だ。

たとえ今日は達成できたとしても、あなたは絶対明日から筋トレをしなくなるだろう。

最初は本当に少ない回数で、徐々に増やしていけばいい。

ゆっくり習慣付けていくことが、遠回りのようで、目標への一番の近道なのだ。

 

思い立った瞬間に始める

「筋トレしよっかな」と思ったら、すぐに始めること。

人間が一日のうちに「○○しよっかな」と思い立つ回数には限度がある。

そのチャンスを生かさなければならないのだ。

今やらなければ、どうせ後で「やっぱ今日はいいや」と思ってしまう。

 

頑張ったら自分を褒める

筋トレは自分との戦いだ。

やるのも自分の意思だし、メリットを受けることができるのも自分自身だけである。

それゆえに、誰も褒めてはくれないだろう。

だから、自分で自分を褒めていい。

「よくがんばったね、えらいえらい」

 

最後に

 

どうだっただろうか。

運動が生活にもたらす効果は、あなたが思っている以上に絶大なのだ。

それを身をもって感じて欲しい。

それでは素敵な筋トレライフを。

コメント