メンヘラな彼女と付き合うメリットデメリット

恋の教科書

別にメンヘラは悪くない。

メンヘラが好きな人もいる。

それに、メンヘラと付き合って得られるものは割と大きかったりする。

しかしそれ以上に多くの代償を支払うことになる。

そこで今回は、実際に付き合ってみて感じた「メンヘラな彼女と付き合うメリットデメリット」を紹介しよう。

もちろんお試し感覚でメンヘラな子と付き合ったというわけではなく、好きになって付き合った子がたまたまメンヘラだったというだけだ。

隠れメンヘラには注意が必要だ。

メンヘラ女子の特徴と見分け方。
メンヘラ。 知り合いにそういう子がいたり、実際に付き合っている人がいるかもわからない。 そんな子には会ったことがないという人もいるだろう。 だがそれは間違っている。 あなたが今まで会ってきた子の中に、メンヘラは確実に...

 

メリット

 

それでは見ていこう。

 

大きな愛を受けられる

ありがたいことに、メンヘラは豊かな愛情表現を持って愛をくれる。

愛情不足な男性諸君には、この上ない幸せだろう。

二人でいると甘えてきたり、他の子に少し妬いたり、素直に感情を表現してくれるところは本当に可愛い。

 

感受性豊かになる

メンヘラな彼女がいると、嬉しいや苦しいの感情の振れ幅が大きくなる。

まあこれに至ってはデメリットに感じることもあるが、音楽や物語にそれまで以上に強く入り込むことができる。

感傷に浸るというのはめんどくさいと思う人もいるかもしれないが、ぼくは趣のあることだと思う。

個人的な話になるが、感傷に浸っているといいメロディが浮かぶ。

ぼくの場合は辛い思いを昇華する手段が音楽だったというわけだが、絵や小説など、他にも昇華する手段は様々だろう。

 

デメリット

 

ここからは支払うことになるかもしれない代償を紹介していく。

あくまでも人によりけりだ。

 

メンヘラになる

よくわからないが、メンヘラが感染る。

メンヘラになるのが悪いことと言っているわけではないが、ぼくは変わっていく自分に嫌気がさしてしまったのでここで紹介する。

ぼくの精神年齢が元々低かったせいでもあると思う。

 

視野が狭まる

付き合って嫌で辛いことばかりなのに、ぼくにはこの子しかいないと感じてしまう。

周りから見れば「どうして付き合ってるの?」という類に入るカップルの仲間入りというわけだ。

冷静になって考えてみれば分かることなのに、愛情はたくさんもらえるせいで感覚が鈍ってしまう。

二人だけの世界を作れたならそれでよかったのかもしれない。

馬鹿馬鹿しいが、当時は本当にそんなことを考えていた。

 

すぐに泣く

喧嘩しては泣く。

電話をしてはその向こうで泣いている。

泣かれ慣れていないこちらからすると、泣かれると本当にどうしたらいいかわからない。

泣きたいのはこっちの方だ。

 

時間を奪われる

1週間に3回は会わないと「寂しい」「会いたい」と言われる。

LINEを未読にしているだけで、すぐに追い打ちのLINEがくる。

最終的には心配の電話だ。

付き合いはじめはどれも嬉しいことなのだが、限度がある。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

少しデメリット多めに話してしまったが、それはぼくとメンヘラの相性が良くなかっただけなのかもしれない。

付き合い方は人それぞれなのであって、メンヘラと付き合うのが一番性に合っているという人もいる。

自分はどんな女の子と付き合いたいのかをしっかりと見極め、幸せな毎日を過ごしてほしい。

コメント