LINE MUSICで解約しない内に無料トライアル期間が終わってたから使用感とか

LINE MUSICのロゴマーク 音楽のススメ

みなさんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

題名にもあるが、先日LINE MUSICの無料期間が終わり、自動更新を経て、月額が引き落とされてしまった。

「無料期間終わったら色々調べてどの定額制音楽配信サービスにするか決めよー」と思ってた矢先である。

明らかに自業自得であるが、比較する余地も与えられず、LINE MUSICが選ばれたのだ。

だがこのサービス、なかなか良い。

ということで、「LINE MUSICのプレミアムプランを使ってみた感想」を書いていく。

LINE MUSICの感想

 

アーティストばり多い

多いというのは元々知っていたが、予想以上に多くて驚いた。

特に、「ぼくの好きなインディーズバンドなんてないだろうな〜」と甘く見ていたが、そんなことはなかった。

むしろ、好きなインディーズバンド全部いた。

ちょいちょい購入しなければならない

月額を払えば全て聴ける、というわけではなく、特に、どこでも耳にするような有名なアーティストでは、一部有料のものがあった。

ただ、ほんの一部に限る。

大抵のアーティストは過去のアルバムなどをほとんど網羅していて、ここまで聴けていいのかと不安になってくるほどだ。

個人的に、ミスチルの曲がたくさんあって満足している。

アーティストをフォローできる

Twitterや、インスタでフォローするみたいな感覚で、アーティストをフォローすることができる。

なんとなく、好きなアーティストを応援できている気分になれて嬉しい。

あと、誰かに「好きなアーティスト教えて」とか聴かれても、LINE MUSICを開けば即答できて便利だ。

ちなみに、ぼくは勝手にこのフォロワー数でアーティストの人気度をはかっている。

プレイリストを共有できる

自分で作ったプレイリストを全体に公開できる。

まあ、これはよくあるサービスだ。

しかし、LINE MUSICはLINEで友だちにプレイリストを共有できる。

これはLINEのサービスならでは、といったところか。

まあ共有したところで、相手が聴いてくれるかどうかは分からないが。

懐かしい曲が必ず見つかる

必ず、見つかる。

好きだったアーティストを漁るだけでなく、アニメやドラマなどのジャンルを開いてみてほしい。

昔よく聴いていた曲にたくさん出会える。

また、年代別にプレイリストが作られたりしているので、それも聴いてみて欲しい。

新しい音楽に気軽に触れられる

これは定額制音楽配信サービスの強みである。

たくさんありすぎてどれを聴けばいいか分からなくなるかもしれないが、自分の聴いている曲の傾向から「あなたへのおすすめ」のプレイリストが作成され、比較的馴染みやすい新しい音楽に出会えるだろう。

また、「このジャンルの音楽を聴いてみたいけど、どれから入ればいいか分からない……」といったような人も、簡単に新しい音楽への入り口が開かれている。

友だちのプロフィール設定曲が聴ける

これは単純に面白い。

友だちが今設定しているものだけでなく、過去に設定していた曲も聴くことができる。

気になる相手の好きな曲でも分析してみてくれ。

流行りの音楽が知れる

こういうのは知ってる人には大したことないのだろうが、ぼくみたいにあまりテレビを見なかったりすると、本当に最近の流行りの音楽が分からなかったりする。

別にいちいち調べたりするのもいいが、めんどくさい。

そこで、LINE MUSICだ。

これで知り合いに「情弱乙」って言われなくて済む。

1000円足らず

ここまで充実していて、野口英世1枚分だ。

ミラノ風ドリア、およそ3つとちょっと。

最後に

どうだっただろうか。

そのうち余裕ができたら他のサービスも試してみようと思うが、だいぶ満足したので、しばらくはLINE MUSICを使ってみようと思う。

たった月1000円で、日常が変わる。

コメント