【kemper profiling amplifier】ケンパーの愛のレビュー。

kemper profiling amplifierの画像 ギタリストのススメ

「kemper profiling amplifier」のメリットデメリット

4ヶ月前、ぼくはケンパーに恋をしていた。

そう、まだケンパーを持っていなかった頃の話である。

その頃のぼくはと言うと、毎日ケンパーの試奏動画を漁っては「ケンパー欲しい」「ケンパー欲しい」「ケンパー欲しい」「ケンパー欲しい」と、呪文のように唱えていた。

そしてついにぼくは、ケンパーを手に入れた。

独占欲が芽生えないでもないが、ケンパーはすでに多くの人の手に渡っている。

それでもかまわない。

ぼくは今、ケンパーを愛している。

だが、愛している中にも直して欲しい性格とかはあるもんだ。

そこで今回は、ケンパーを使ってみて感じた長所と短所に焦点を当ててレビューをつづってみる。

デメリット

まずケンパーに直してもらいたいところから。

といっても、一つしかない。

起動に時間がかかる

まあ時間がかかるといっても十数秒程度だ。

もしかしたら、ぼくがせっかちなのかもしれない。

ケンパーを起動するときは、手にギターを持ってシールドも繋いでる状態なので、一刻も早く音を出したくてたまらないのだ。

起動にかかるまでの時間は、わくわくをより膨らますためのものと考えよう。

Kemper Profiling Amplifier Built in PowerAmp【送料無料】

created by Rinker
¥299,800 (2019/09/16 14:25:18時点 楽天市場調べ-詳細)

メリット

早くも、デメリットが終わってしまった。

しかし、メリットはたくさんある。

ええ音

ケンパーは、これに限る。

ケンパーに興味が湧いているあなたは、何度か試奏動画を見たことがあるだろう。

その中に音が良くないものなんて存在しただろうか。

いや、ぼくが見た中ではなかった。

それは、使ってみて、より実感している。

キャビネットなどで使った場合のみではない。

ヘッドホンなどでも同様に「ええ音」が出る。

あと、小音でも「ええ音」が出るのは実機にない強みだ。

ピッキングニュアンス

これがまたすごい。

コストパフォーマンスに長けたモデリングアンプなどでは、ピッキングでニュアンスを出すのはなかなか難しかった。

だが、ケンパーはどうか。

もう反応が、実機そのものである。

ピッキングニュアンスに追従するということは、ギター側のボリュームを下げてクリーンにするなどもいけるので、ぜひ活用してほしい。

ギターのモチベーションアップ

ええ音で弾けるのは、本当に楽しい。

もう、時間を忘れてギターに没頭することができる。

昨日より今日、今日より明日、ギターもケンパーももっと好きになる。

ぼくはもう愛している。

リグ取り放題

パソコンと連動すると、世界中のユーザーがプロファイリングしたリグが取り放題だ。

ちゃんとどのアンプのプロファイルかも書いてあるので、いくつか試して好きなものをダウンロードするといいだろう。

気になっているアンプのプロファイルが必ず見つかる。

音作りは、上手くなくていい

どのリグも、他のユーザーが入念に音を作り込んだ状態で、プロファイリングされている。

故に、「そのまま使える音」なのだ。

「それじゃあつまらないじゃん」という人も安心してくれ。

ケンパー内蔵の高品位なエフェクターたちで、いくらでも作り込める。

MIDIで切り替えができる

ケンパーには、「kemper remote」というケンパー専用のフットペダルがある。

だが、それなりにお値段がする。

そこで、MIDIを操作できるプログラマブルスイッチャーの出番だ。

ただ、スイッチャーを持っていないなら、remoteの方がいい。

remoteの方がよっぽど、設定などが容易であるからだ。

しかし、スイッチャーを持っているあなたは一度スイッチャーで操作してみてはどうだろうか。

軽い

ケンパーは、パワーアンプ付きで6.5kgである。

軽い。

重くない。

なんたって何百〜何千のアンプを持ち歩いているのだ。

ケンパーを抱いて全国を飛び回ろう。

ベースでも使える

これがなかなか強い。

ギターベースどちらも弾く人はもちろん、バンドを組んでいる人も、レコーディングでベーシストに貸してやって欲しい。

パワーアンプ搭載/非搭載?

ぼくは何も考えずにパワーアンプ搭載の方を買ったが、少しでもライブで使う予定があるのなら絶対にパワーアンプ搭載、レコーディングや家でしか使わないという人は非搭載で大丈夫だ。

【クーポン配布中!】KEMPER(ケンパー) PROFILING AMP BK 【ギターアンプ(Amp)・シミュレーター】

created by Rinker
¥249,000 (2019/09/17 01:01:32時点 楽天市場調べ-詳細)

最後に

見返してみると結局、ベタ褒めになってしまったが、ケンパーはそれほどのものなのである。

ぼくは6ヶ月のローンで購入して毎月5万ほど払ったが、高い買い物をした感じは全くなかった。

月に5万でレンタルしている感覚で6ヶ月がすぎ、ついに所有物になってしまったのだ。

なんということだ。

ケンパーが、ぼくのものになっているではないか。

予算があって、迷っているならケンパーを買うべきだ。

絶対、後悔はしない。

宅録やレコーディングにKemperがおすすめな理由|理想の音質へ
ギタリストにとって、夢のような機材であるKemper Profiling Amplifier(以下ケンパー)。 30万円近くする代物であるが、ぼくはケンパーの魅力に負けて清水の舞台から飛び降りるような思いで購入してしまった。 し...

ぼくの作ったこの曲とか、Kemperで録音しているのでぜひ試聴のほどを。

コメント