iPad mini5  レビュー

家電

突然だが、僕は極度のApple信者である。
そして今回、ipadmini5そしてiPad Airが発売された
タイトルにもあるが悩みに悩んでipadmini5を購入したので
今回はそのレビューだ。

iPad mini5と iPad Airどっちがいいの問題

正直これはipadを買おうと思う者が必ず考えることだ。
スペックや重さ、できることの違いなど
Appleのサイトで比較して何時間も考えることだろう。
しかしこれの解決策は単純明快である。
本当にアップルを愛しているならどちらも買え!
外に出て使いたいならminiだ!
家で使いたいならAirだ!
正直最後は勢いで折り合いをつけるしかないような気もする。

ちなみに僕は電車で本、映画を見てやる、という思いで
Ipadmini5 を選んだ。
要は使い方に合った機種を買うべきということだ。

iPad mini4と5の違い

個人的には一番の違いは
Applepencil(第一世代)が使用できるということだ
絵を描くもよし、ノートで使うもよし、人生の幅が
広がる素晴らしいアップデートだと思う。
しかし対応pencilは第一世代なので、充電中に
カブトガニになるのは仕方ないだろう。

驚くことに外見は全く一緒だ。
これは良くも悪くも、変更なしなのでmini4からの
乗り換えもスムーズにできる。

その他スペック的に進化はしているがこれは
正直当たり前のことで、最近のゲームがヌルヌル動く
のでよほどハードな使い方を考えている人以外は
気にしなくても良いと思う。

レビュー

レビューするのは使用していて気になった点のみに
絞っていく。
喋り出したら、2時間は下らない気がする。

 大きさ

Ipadmini の特筆すべき点はその小さいボディで
Airとほぼ同スペックであることである。
画面の大きさが7.9インチなので、Airの10.5インチに比べると
小さいが、その分取り回しが良い。そこがポイントだ。
映画や、雑誌を見るのにも、携帯より大きく満足できるだろう。

 カメラ

正直カメラの性能については、iPadを携帯のように使用する目的が
ないぼくは全く気にしていなかったが、ある日友人がぼくのiPadを使って撮った写真を見て「綺麗じゃん!」と軽く叫んでしまった。
写真自体は特段綺麗というわけではないが
362ppiという高い解像度によって、写真が綺麗に見えたのだろう。

 操作感

操作感に関して、iPhoneのように片手だけで操作することも
可能ではあるが、少し厳しいような気がする。
基本的には机に置いて片手で使用や両手で構えて使用する感じになるだろう。

ホーム画面に戻る際など、下から上にスワイプするだけで
戻ることもできるので、その点Apple製品の利点である感覚で使用
できるというものを実感できる。

 携帯性

携帯性に関しては言うまでもなく、他のiPadに比べ
格段にいいと言うことができるだろう。
大きさも、かなりギリギリではあるがポケットに入り
重さについても片手で持っていて辛くない程度である。
携帯性の良さこそiPad miniの良さである。

 

まとめ

どうだったろうか、まだ悩んでいると思う。

正直ぼくは、iPad miniの購入ボタンを押した時もまだ悩んでいた。

しかし届いて見てから、このサイズ感に魅せられ、そんな悩みは吹き飛んだ。

是非用途にあった最適なタブレットを購入し。

最高のiPadライフを送って欲しい。

この商品は現在取り扱いされていません

コメント