【iLoud Micro Monitor レビュー】超小型モニタースピーカーならこれがおすすめ【IK Multimedia】

iLoud Micro Monitorsの画像 作曲/DTM

iLoud Micro Monitorのレビュー

 

IK MULTIMEDIA iLoud Micro Monitor

created by Rinker
¥34,540 (2019/11/22 19:08:49時点 楽天市場調べ-詳細)

iLoud Micro Monitorを購入し、半年ほどが経過した。

3万ちょっとのお値段がするので、他のモニタースピーカーと色々比較してこれにたどり着いたわけだが、なかなかにローコストハイクオリティ。

みんな大好きな「コスパが良い」と言うやつだ。

たった半年で僕の日常になくてはならないものになったので、愛を込めてレビューを書こうと思う。

 

iLoud Micro Monitorの特徴

 

先に言っておくが、デメリットは紹介しない。

というか、使っていてデメリットを感じていないから紹介できない。

「あなたの全部が好きよ」という言葉は信用できない性分だが、許してほしい。

 

付属品

スピーカー本体×2

スピーカー間のケーブル

RCAプラグ⇔ステレオミニプラグのケーブル

電源コード

 

まず、なくてはならない本体が、左右に一つずつ。

そして、少し太くて頑丈そうなスピーカー同士をつなぐケーブルが一本。

次のケーブルだが、片方はRCAプラグ、もう片方はステレオミニプラグとなっている。

RCAプラグは赤と白のやつで、ステレオミニプラグは一般的なイヤホンなどの先にあるプラグだ。

電源コードは十分の長さがあり、電源との距離に困ったりすることはないだろう。

 

入力

入力は、ステレオミニ端子かRCA端子となっている。

そうなのである。

これによって、出力元にステレオミニプラグを繋ぐもよし、RCAプラグを繋ぐもよしと出力に合わせた使い方が可能なのだ。

 

小さくて軽い

iLoud Micro Monitorと、十六茶。

こんなに小さいとは、十六茶もびっくりである。

このコンパクトさのおかげで、机のスペースを無駄に取ることがない。

持ち運びも十分に可能だろう。

 

これだけ小さいと、大きいものと比べて音質が劣るのではないか?と疑問に持つかもしれない。

だが、それは間違いだ。

モニタースピーカーは、最大限のパフォーマンスをするには、ある程度の音量を出さなければならなく、モニタースピーカーが大きいほどそれなりの音量を出さなければならない。

つまり、あなたの作業スペースがそれほど大きくないのであれば、むしろこれの方がモニタースピーカーとして良い働きをする。

単体でみても、フラットで文句のない音質だ。

日常でリスニングに使うもよし、ミックスのモニターとして使うもよしだ。

 

Bluetooth接続ができる

これもなかなか使える。

ぼくはiPhoneにしか入っていない音楽を聴く際に重宝している。

 

EQ調整ができる

高域を足したり、低域を足したりできる。

ぼくはフラットが好みなので使っていないが、好きなように使ってみてほしい。

 

マイクスタンドを挿せる

下から見られて恥ずかしそうだ。

ミックスなどの細かい作業で、確実に耳の高さに合わせるため、机の左右にスタンドを立てて使用したいといった時に便利だ。

残念ながらマイクスタンドは別売りなので、こちらで揃えると良いだろう。

【7%offクーポン対象商品!10月26日9時59分まで】マイクスタンド MCS-4400 [MCS4400]

created by Rinker
¥3,560 (2019/11/22 19:20:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

最後に

 

IK MULTIMEDIA iLoud Micro Monitor

created by Rinker
¥34,540 (2019/11/22 19:08:49時点 楽天市場調べ-詳細)

音楽だけでなく、映画やアニメも大迫力で楽しめるので、日常生活がより充実すること間違いなしだ。

もう少し日常に彩りをプラスしたいのなら、ゲーミングチェアも導入してみたらどうだろうか。

【E-WIN CL-BG1C】ゲーミングチェアならこれがおすすめ【レビュー】
E-WIN CL-BG1C ぼくは、E-WINのCL-BG1Cというゲーミングチェアを愛用している。 決して大げさではなく、これを使っているだけで人生が変わったので、紹介しようと思う。 メリット 価格 コストパ...

コメント