違法ダウンロード ~音楽の殺人未遂~

スマートフォンとヘッドホン 雑記

音楽を殺す違法ダウンロード

違法ダウンロード。

よくないと思います。

理由は色々あるけど、なんかムカつくよね。

音楽に殺されてほしいです。

『リッケンバッカー』MV – リーガルリリー

きみは、音楽を殺したいのか。

 

ことの始まり

先日、接骨院でマッサージを受けていると、遠くの方から中学生らしき声が聞こえてきました。

「なんか、好きな曲を無料でダウンロードできるアプリがあってさ〜〜」

許すまじ。

こういう人たちはきっと、音楽を殺そうとしています。

好きで聴いているなら、対価を払ってほしい。

ミラノ風ドリア ¥299

サイゼリヤに行ったことは、あるだろうか。

きみたちが、ぼくと同様に庶民であるならば、行ったことがない方が珍しいはず。

サイゼリヤの人気メニューである、ミラノ風ドリア。

なんと、¥299。

1曲 ¥250

iTunes Storeを見れば分かるだろう。

君の好きな音楽は、大体は¥250。

なんと、ミラノ風ドリアより安い。

ミラノ風ドリアは一度食べると無くなってしまうが、曲はいつまでも聴ける。

無料に慣れてしまった君たちは「高くね?」って思うかもしれないが、これが本来の音楽の価値なのである。

大事なことなので、もう一度言わせてくれ。

これが本来の音楽の価値なのである。

曲は、簡単に出来やしない。

 

作曲は大変だ。

作曲という工程だけで、どれほどの時間が費やされているか。

メロディを作り、伴奏をつけ、ドラムを打ち込み、ベースとギターを録音して……。

これを苦ともせずやってのけるアーティストもいるが、大抵は苦労して曲を作っている。

作曲で曲は完成しない。

作曲して、録音して、ハイ!完成!なんてことにはならない。

その次には、ミックス、マスタリングなどといった、リスナーの耳に届けられるクオリティに仕上げる作業が入る。

これが簡単な作業ではない。

もちろん、ほとんどはそれを専門としている人がやるのだが、そこの人件費はアーティストの売り上げの方で賄う。

その人件費がバカにならないのだ。

エンジニアやスタジオにもよると思うが、一曲仕上げるまでにかかる費用は大体10万円ほど。

それに対して君は、何曲違法ダウンロードをしているだろうか。

これでもまだ、リスナーの耳には届かない。

CD不況と言われるが、まだCDの文化は絶えてはいない。

それで、CDが販売されるまでにも、CDプレス、流通などといった手間がかかっている。

ダウンロードやサブスクリプションなども、基本的には配信コストがかかる。

なぜ、音楽は死なないのか。

 

音楽を買っている人がいる。

当たり前だ。

当たり前だが、もしかしたら君は、当たり前ではないかもしれない。

違法ダウンロードは恥ずかしい。

完全に、主観である。

でも、間違っているのは確かだ。

電車で、隣の人が違法ダウンロードをしていたら、軽蔑の視線を送る。

少なくとも、そう思われる可能性はあると思っていていい。

音楽を生かせ。

 

動機は、なんでもいい。

「買うのは当たり前だから」

「このアーティストを応援してるから」

「CDが棚に並んでると、かっこいいから」

「車でCDを聴くのは趣があるから」

「特典のDVDが欲しかったから」

合法ならば、なんでもいい。

音楽は、聴き方を選べる時代になった。

CDプレイヤー、ポータブルプレイヤー、スマートフォン……。

CDみたいに物理的にあるだけでなく、データとしてダウンロードしたり、SpotifyやLINE MUSICのような定額制音楽配信サービスを利用するなど。

LINE MUSICで解約しない内に無料トライアル期間が終わってたから使用感とか
みなさんこんにちは。 いかがお過ごしでしょうか。 題名にもあるが、先日LINE MUSICの無料期間が終わり、自動更新を経て、月額が引き落とされてしまった。 「無料期間終わったら色々調べてどの定額制音楽配信サービスにするか...

ライブに行ってほしい。

好きなアーティストのライブに足を運んでみてくれ。

そこには、生音でしか味わえない臨場感と感動がある。

SEが流れ、幕が上がる。

アーティストが、歓声を浴びながらやってくる。

やっぱり自分の好きなアーティストはかっこいいと再認識できる。

途中途中のMCでは、普段知ることのないアーティストの人間性を垣間見ることもできる。

いやらしい話、音源を買うよりライブに行く方がよっぽどアーティストへの還元が大きいので、アーティストを応援したい人なら特にオススメだ。

ちなみに、爆音が苦手な人は小さなライブハウスとかは厳しいかもしれない。

最後に

どうだっただろうか。

くどいようだが、音楽は無料で聴けるのが当たり前、と思っていた人は、考えを改めてほしい。

自分で頑張った宿題を他人に無断で写されたら嫌だろう。

そういうことだ。

コメント