友達や知り合いに勧められた曲を聴かない理由|違法な無料ダウンロードを撲滅する会

雑記

音楽好きな友達や知り合いを持つと一度は出くわすことがある「この曲おすすめだから聴いてみて!」というシチュエーション。

でも、ぼくは勧められた曲は聴かない。

例えそれが聴いたことのないアーティストであってもだ。

数日後にYouTubeの関連動画に出てきて「なんかこの曲誰かに勧められたなあ」と思いながら聴くことはある。あれ、聴いてる。

まあ直接的ではないからセーフ。

勧められた曲を聴かない理由

 

そのアーティストの他の曲嫌い

勧められた曲のアーティストの他の曲を以前聴いたことがあり、それが嫌いだった場合。

これは120%くらいの確率で聴かない。

聴いたフリをして勧めてきた相手との関係を壊すのは嫌なので「ごめん、そのアーティスト嫌いだから」と一蹴してしまう。

 

今で十分

今好きな音楽だけで十分なのだ。

これ以上他の音楽を自分の中に取り込みたいとは積極的に思わないし、むしろ新しいものを好きになる気力があまりない。

勧められた曲を聴かなければ、YouTubeでMVを漁ったりもしない。

ぼくはこれまでどうやって今好きなアーティストを知ったのだろうか。

 

最近の流行りの曲

ひねくれ者であることは重々承知している。

ぼくは流行りの曲を必要以上に避ける。

いくらYouTubeの関連動画に出てきようが、テレビで何度もプロモーションを目にしようが聴かない。

そんな中「この曲めっちゃいいから聴いてみてよ」と言われ、送られたリンクを見たら流行りのあの曲。

うんざりしてしまう。

 

趣味が合わない

曲を勧めてきた相手とは趣味が合わないことをあらかじめ把握している場合。

勧められた曲も絶対好きになれない。

趣味が合わない相手に勧められた曲を好きになるなんてことはあってはならないのだ。

この場合でも聴いたフリをして相手との関係を崩したくない。

「ごめんお前との趣味合わないのわかってるから多分この曲嫌い」とちゃんと言う。

 

めんどくさい

その曲をわざわざ調べて聴くのがめんどくさい。

YouTubeのリンクを貼られたとしてもリンクを踏むのがめんどくさい。

ぼくは「聴き始めた曲は最後まで聴き通さないとなんか嫌」という性格の持ち主なので、あまり好きでない曲も最後まで聴いてしまう。

だからイントロから嫌いと感じても最後までなぜか耐えてしまう。

これは恐ろしく時間の無駄だ。

「じゃあ途中でやめればいいのに」と思うだろうが、聴き始めた曲は最後まで聴き通さないとなんか嫌なのだ。

共感者を集う。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

ぼくが勧められた曲を聴かない理由をわかっていただけただろうか。

もしくは共感もしてもらえただろうか。

そしてPRになるが、ぼくは先日「違法な無料ダウンロードを撲滅する会」を設立した。

賛同者は是非とも会員になってほしい。

「自分はお金を払って音楽を聴いているのに、無料で聴いている奴らがなんかムカつく」というくらいに思っていれば動機は十分だ。

気になる入会方法だが、ぼくのTwitterアカウントをフォローするだけ。

入会費無料の年会費も無料だ。

熱い意志の持ち主を待っている。

コメント