ギターの弦交換がめんどくさいならコーティング弦のエリクサーがおすすめ

ギタリストのススメ

ギターの弦交換はめんどくさい。

「弦交換楽しいじゃん!」という知り合いがいようものなら、ぼくは喜んで弦交換を押し付けるだろう。

めんどくさくないはずがないのだ。

楽器屋やギターのメンテナンスショップでも、弦交換を有償で受け付けているところがある。

やろうと思えばだれでもできることなのだから、なくてもいいサービスなはずである。

しかしあるということはめんどくさいということなのだ。

この際、異論は受け付けない。

まあギターの弦交換がめんどくさいというくだりはこれくらいにして、本題に入ろう。

ギターの弦交換はめんどくさいということは既に大前提に成り下がった。

そんなしょうがないぼくらの味方に、弦に特殊なコーティングを施しているコーティング弦というものがある。

そしてその代表格にElixir(以下、エリクサー)というものがあるのだ。

今回はぼくが実際にエリクサーを使用してみて感じたメリットとデメリットを紹介しようと思う。

 

エリクサーの特徴

 

長寿命

エリクサーを選ぶ理由はまさにこれだ。

そう、ぼくらは弦交換がめんどくさいのである。

そんな弦交換も、エリクサーなら大体3か月に一度で済む。

普通の弦だと1か月ほどで錆びてしまうだろう。

だが、エリクサーはなかなか錆びない。

ギターを使い終わった後に弦に付着した汗を拭きとる習慣がある人なら、もっと長持ちするかもしれない。

あいにくぼくは弾き終わったらそのまま放置してしまうので、3か月が限度だったが。

 

弾き心地

これは好みになってきてしまうと思うのだが、エリクサーは感触がツルツルでスライドやグリッサンドがしやすい。

隙あらばスライドやグリッサンドを使うぼくにとって、エリクサーは最高の弾き心地であった。

しかしどちらにせよ、使っているうちに慣れてしまうのがほとんどだと思う。

 

音質

正直なところ、弦交換して間もないダダリオなどには劣ってしまう。

だがエリクサーは長く使っていても音質の劣化が少ない。

音質がいい順に並べると、弦交換直後のダダリオ>エリクサー>使い古したダダリオといったところだろうか。

だが弦交換直後のダダリオとエリクサーの音質の差など微々たるものだ。

どうしても神経質になりがちなレコーディングでは気になるかもしれないが、ライブなどではあまり気にならない。

ぼくはエリクサーはライブや練習用のギターに用いている。

 

チューニングの安定性

コーティングのおかげなのか知らないが、エリクサーを使っているとあまりチューニングが狂うことがないように思える。

これはあくまでも感覚的なところだが、めんどくさがりなぼくらにはありがたいです。

 

コストパフォーマンス

「あれ、ダダリオの2倍くらいの値段しない……?」

たしかにそうである。

だが考えてもみてほしい。

ダダリオは1か月、エリクサーは3か月である。

つまり3か月のうちにかかるコストはダダリオが1,500円、エリクサーが1,000円なのだ。

この計算のどこがおかしいというのだろうか。

しかも3か月のうちに弦交換の回数はダダリオが3回、エリクサーが1回だ。

時は金なりが座右の銘であるぼくらには、エリクサーという選択肢しか残されていないのである。

ちなみにダダリオに対して否定的なことばかり述べてはいるが、レコーディング用のギターでばっちり愛用しているのでどうか許してほしい。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

以上のメリットデメリットを踏まえたうえでエリクサーによって恩恵をより多く受けられるだろうというようなら、セットで購入するのがお得でおすすめだ。

エリクサーはいつまでもぼくらの味方であり続けるだろう。

コメント