コスパのクランチオーバードライブエフェクターのおすすめ3選

エフェクター

この世界に、エフェクターというものは星の数ほど存在している。

オーバードライブなど一つの種類を取ってみても同じことが言える。

そんな中から目的のエフェクターを選ぼうというのはなかなか至難の技である。

音作りに正解はないが、稀に外れとも思われるエフェクターに出くわすこともないわけではない。

そこで今回はぼくが実際に弾いてみておすすめできると思った「コスパのクランチオーバードライブ」を3つ紹介しようと思う。

 

おすすめ3選

 

Super OverDrive SD-1(BOSS)

まずは、BOSSの超ロングセラーなエフェクターであるSD-1から。

音のことをどうこういう前に、語るべきはこの驚くべき安さ。

さすが日本のBOSS製品である。

このSD-1は伝説の名機であるOD-1のサウンドを継承されたモデル。

そして、OD-1にはなかったトーンドライブが追加されている。

サウンドについて一言で言うならば、中域が押し出された美味しいサウンドであるということ。

ギタリストにとって中域というものは、ラーメンにとってのスープ。

そこをどう味付けるかでサウンドの嗜好が変わってくるわけだ。

ちなみにこのエフェクター、ドライブを絞ってボリュームを上げてブースターとして使っても全然イけてしまう。

一機二役というわけだ。

このコストパフォーマンス、恐ろしいくらいだ。

created by Rinker
BOSS
¥5,400 (2019/08/25 20:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

OverDrive OD-3(BOSS)

こちらもまたBOSSの代表的なオーバードライブ。

そしてやはり、これがまた驚くほどに安い。

もう一家に3台くらい置いてもいいレベルである。

気になるサウンドだが、倍音が豊かでお腹がいっぱい。

粘りもあってご飯とも相性が良さそうだ。

このサウンドはきっと人を選ばない。

気になるSD-1との違いだが、OD-3の方がやや低音が強調されたサウンドとなっている。

これはお好みで使い分けるといいだろう。

created by Rinker
BOSS
¥8,748 (2019/08/25 20:07:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

Strawberry Red Over Drive(One Control)

One Controlというメーカーのコストパフォーマンスに優れているエフェクター。

アルミ削り出しの高級感があるボディが特徴的だ。

見た通り、サイズは小さい。

持ち運ぶにも便利、システムに組み込むにしても小回りが利く。

9Vの電池駆動も可能だ。

また、ギターやアンプを選ばないでいてそれらの魅力を最大限に引き出してくれる。

サウンドは見た目に反して、パワフルで重厚。

それでいて繊細でピッキングニュアンスを表現しやすい。

手元でクリーンからディストーションまでコントロールすることができる。

この価格帯でこれはやり過ぎなクオリティだ。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

高い機材を揃えるのもいいが、この価格帯にもこれだけ魅力的なエフェクターがあることを忘れてはいけない。

それでは、よいギターライフを。

コメント