ラノベ作家及びワナビは副業としてブロガーがおすすめかもしれない

ライトノベル

ラノベ作家及び、ワナビ。

職業柄、たくさんの文字を書きます。

そのせいか副業でも文章を執筆する「ライター」や「シナリオライター」などを選択する方が多いらしいですが。

同じくたくさんの文字を取り扱う「ブロガー」という選択肢もあります。

ぶっちゃけ、ブログ運営ほどシビアな副業はありません。

ですがラノベ作家及びワナビには意外と向いてるんじゃないかという。

そんな考えに至った経緯を話したいと思います。

ラノベ作家デビューと、ブログ成功

この二つって本質的に似ているんですよね。

「どこが?」って話なんですけど、成功するかも分からない暗闇で必死にもがくという点です。

ラノベ作家というのは基本的に新人賞で編集部のお目にかかる必要があります。

非常に狭き門です。

その狭き門をくぐるために「長編ラノベ一冊分」という膨大な文字数を必要とされる作品を、応募するためだけに書かなければならない。辛いです。

そしてブログ。

ブログで十分な収入を得るのは本当に一握りのブロガーのみです。

それなのにも関わらずブログは作業量がモノを言います。

検索エンジンの性質上、一定量の記事を書き上げないと副業としての土俵に立つことすら許されません。

ぼくもまだ成功していない側のブロガーです。辛いです。

……と、こんな感じで「成功を約束されていない状況でひたすら文章を書き続ける」という点で非常に似ています。

這い上がりタイプの人間におすすめ

結局、ラノベ作家を目指すワナビも、成功していないブロガーも、「文章を書くことに耐えられる」もしくは「文章を書くことが好き」であるから続けることができると思うのです。

だから余裕があるのであれば、どちらにも挑戦するというのはおすすめです。

ラノベの執筆に飽きたらブログを書く、ブログに飽きたらラノベを書く……をエンドレスでやっていれば、なんかそのうちいい感じになります多分。

「書く楽しさ」はそれぞれ違う

ぼくはラノベにもブログにもそれぞれ違った「書く楽しさ」というものを見出しています。

例を挙げましょう。

ラノベの場合

まず、ラノベは自分の世界を構築できること。

書いているだけで非現実に浸ることができます。

それに好きなキャラクターを好きなように動かせる。

美少女がどんなことを言わせるのもぼくの自由。あんなことやこんなこともあり。

ただ、どちらも想像力が必要かなと思います。

想像力がないとどんなに魅力的な世界観でも入り込むことは難しいので。

あと書き上げたときの達成感。

これは長編ラノベ一冊分を書き上げて初めて味わった感覚ですが、飽き性なぼくがよくここまで一つの作品を作り上げることができたなと感動しました。

ブログの場合

形式にとらわれず思い思いに書くことができる。

これに尽きます。

ラノベはライトとは言えノベル。小説です。

当然のことながら、さまざまなルールに縛られます。

誤字脱字はもちろんのこと、「この表現は正しいのかな?」とかいちいち調べる必要があります。

しかしブログはオールフリー。

間違った情報を伝えるのはダメですが、最低限のことを守れば好きなことを好きなように書き連ねることができる。

最近はもうストレス発散でブログを書いているところがあります。

リスク分散という視点から

これはかなり進んだ話になりますが。

ラノベとブログ、どちらからもしっかりとした収入が入ってくるようになったとします。

しかしライトノベル業界もブログ界も次が保証されている世界ではありません。

ラノベなんて売れなくなったら終わりだし、ブログなんてGoogleなどの検索エンジンに見放されたら一環の終わりなのです。

そこでリスク分散が必要になってきます。

だから遠く先を見据えるのであれば、今からでもブログを始めるのも悪くない手ではないでしょうか。

これからも文章媒体を愛しましょう

最近はYouTubeを筆頭に、動画コンテンツの勢いが強いです。

たしかに動画は短時間で要領を得られたり、想像力をあまり必要としない点でコンテンツとして非常に優れています。

しかし「文章を読む」ということの魅力が失われたわけではないのです。

いくら動画が強くなれど、文章の魅力は変わらずあり続けます。

ライトノベルが原作のアニメを見たら原作を読みましょう。

ライトノベルが原作の漫画を見たら原作を読みましょう。

Instagramもいいですが、Twitterもやりましょう。

……以上、日本語を愛する有村ゆうまでした。

副業初心者としてブログを選ぶメリットとデメリット【やりがい、そして収入】
ブログを始めて一年経ちました。 という内容は既に記事にしてあるのですが。 「一周年」というせっかくの機会に、ブログをやってみてどうだったかとか、話したくなりました。 まあ語るほど真剣に運営していた自信は全くありませ...

コメント