バンドマンに夢を与えるインディーズバンドのライブ収入のお話

バンド・音楽活動

世の中には「バンドマンは基本的には低収入だ」というイメージが定着している。

それもそのはず、日本に存在する大半のバンドが、活動の収支を合わせるとマイナスになるからだ。

もしかしたらあなたも、あなたの知り合いのあのバンドも、そういうバンドなのかもしれない。

日本で日々、大量のバンドが生まれると同様に、大量のバンドが消えていくのもこのせいである。

お金って大事。

だが本当にバンドマンは夢がないのだろうか。

この問題提起の答えは「いいえ」だ。

ぼくはバンドマンという職業に夢を感じずにはいられない。

今回はそれを話していこうかと思う。

まず、バンドマンの収入源とは

バンドマンという職業にはたくさんの支出があるものの、収入面でも多くの種類がある。

深く掘り下げていくともう少しあるかもしれないが、大部分を紹介していく。

バンド・音楽活動でお金を稼いで収入源にする方法|音楽で食べていく
あなたは音楽で食べていきたいと夢を見ているだろうか。 それとも、厳しい現実に打ちひしがれている最中だろうか。 もしあなたがいい音楽を作っているとすれば、少なからず結果はついてきていることだろう。 今回はあなたの作る音楽を最...

CDやストリーミングなどによる印税

まず音楽活動といえばこれ、印税だ。

有名どころがバンド内で揉めて解散する理由の一つでもある、印税。

メジャーバンドであればCD売り上げの1%とかしかもらえない世界だが、インディーズバンドだともう少し取り分は高い。

レーベルに所属していないバンドなら、プレス代、流通コストを差し引いた分をすべてもらえる。

最近だとCD不況や、違法ダウンロードの横行などにより、印税で一生暮らすなどというのは夢のような話になっているが、収入の大部分を支えているのは今も変わらない。

グッズ販売

アーティストとしての魅力が強いバンドマンのグッズ販売は馬鹿にできない。

運用コストもかかるが、売れっ子になるなら確実に抑えておきたいところ。

Tシャツやタオル、ラババンなど、定番は押さえておきたい。

ライブ配信による投げ銭

偏った男子ウケや女子ウケを得ているバンドマンにはおすすめ。

熱狂的なファンなら、あまり中身のないライブ配信でも投げ銭をしてくれる可能性が高い。

ファンの方もしたくて投げ銭をしているのだから、決して悪いことではない。

ライブのチケット売上

今回のメインとなる、ライブ収入の話。

まあバンドにもよるだろうが、最近の音楽業界はライブ収入がメイン。

CDが売れなくなったせいも大いにあるが、元よりライブの収益性というのは極めて高い。

次のページから、いくつかの例を挙げて解説していきたいと思う。

コメント