バンド・音楽活動でお金を稼いで収入源にする方法|音楽で食べていく

バンド・音楽活動

あなたは音楽で食べていきたいと夢を見ているだろうか。

それとも、厳しい現実に打ちひしがれている最中だろうか。

もしあなたがいい音楽を作っているとすれば、少なからず結果はついてきていることだろう。

今回はあなたの作る音楽を最大限のお金にする方法を紹介する。

バンド・音楽活動で稼ぐ方法

CD販売

「CDはオワコン」と思ってはいないだろうか。

まあ確かに全盛期に比べれば売れないことは確かだが、まだCDを必要としている層は少なからず存在している。

そのようなところからの取りこぼしがないように、CDを買ってもらう場を設けるのは音楽を提供する側の義務でもある。

在庫リスクを抱えたくないのなら、TuneCoreというサービスに曲を登録してAmazonが受注販売してくれるAmazon DODというサービスがある。

詳しくはこの記事で。

iTunesやSpotifyに曲を配信するならTuneCore。利用料などを紹介。
TuneCoreというサービスをご存知だろうか。 簡単に言うと 「自分の作った曲を誰でも気軽に世界中に配信できるサービス」 である。 メジャーレーベルに所属している必要はない。 バンドやソロなどの形態も問われな...

ストリーミング配信

最近の音楽業界を盛り上げているストリーミング配信。

これも先ほど言ったTuneCoreに登録すれば簡単に全世界に配信することができる。

サービスにもよるが、ストリーミング配信は1回の再生でおよそ1円が手元に入ってくる。

あくまでも皮算用だが、1日5回再生してくれるファンが1000人いたら1ヶ月で15万円の収入になる。

曲が増えれば増えるほどハードルはより低くなっていくことだろう。

ライブ

ライブによる収入はでかい。

これも皮算用になるが、キャパ100のライブハウスでワンマンを月に4回やるとしよう。

チケット代は3,000円とする。

もちろんチケットは完売だ。

キャパ100だと大体ホールレンタル料が10万円なので、(3,000×100-100,000)×4=80万円ということになる。

4人組バンドでも月に20万円は手元に入ってくる。

キャパ100のワンマンを月に4回やるということの難易度の高さはお分かりだろうが、夢はあるということだ。

グッズ販売

グッズ販売の収入も侮れない。

ファンによってはチケット代よりもグッズに費やすことがあるので、タオルやTシャツくらいは用意しておいた方がいいだろう。

楽曲提供

作曲のセンスがあるならそれを生かさない手はない。

あなたの名前が売れれば高額の依頼料を見込める可能性も高い。

楽曲提供によってより注目を集める可能性もあるので、メリットばかりだ。

ブログ

あなた自身に魅力があるのなら、どんなにどうでもいいブログを書いてもそれは価値のあるものになるはずだ。

そこに広告を貼ってしまえば、割と大きな収入になる。

曲の作り方などを書けば、ファン以外の人にも価値のあるコンテンツになるはずだ。

最後に

どうだっただろうか。

音楽の正しい売り方を知れば、音楽で稼ぐことはそれほど難しくはない。

そのかわり、日頃からより良い音楽を作るよう努力することに手を抜いてはいけない。

↓合わせて読んでほしい↓

バンド、音楽活動でお金を稼ぐ方法。好きなことで生きていくための考え方
「俺はしがないバンドマン。でもいつかはバンド活動だけで十分なお金を稼いで食っていくんだ……!」 ……と、夢見るバンドマン。 こういうタイプの人って日本だけで見てもエグい数いるんでしょうね。 まあぼくも「有名ボカロPになって...

コメント