audio-technicaのATH-CKR50という密閉型イヤホンのレビュー

家電

Bluetoothイヤホンが主流ともいえるこの時代に、ぼくは有線のイヤホンを愛用している。

使ったことはあるし、確かに便利だとは思ったが、やっぱり優先の方がイヤホンつけてる感じがするなあと。

それに同じ値段の有線イヤホンとBluetoothイヤホンを比べてみると、どうしても有線イヤホンの方が音質の面で勝ってしまう。

あとBluetoothイヤホンは充電がめんどくさい。

有線イヤホンはしまう時にコードが鬱陶しいという人もいるが、ぼくは綺麗に巻けるので問題はなかった。

 

ATH-CKR50を使ってみて

 

フラット

まあイコライジングについてはさまざまな見解があると思うが、ぼくからするとフラットに聴ける印象がある。

ぼくはギタリストなだけにギターに偏った聴き方をしてしまうが、聴こうと思えばベースやバスドラも明瞭に聴くことができるので、リスナー次第なのではないかと考える。

 

フィット

このイヤホンはほとんどの人の耳にフィットするだろう。

イヤーピースをXS、S、M、Lの4つのサイズから選べるからである。

普通は店頭などで試着してみないと不安でなかなか購入に踏み切ることができないが、audio-technicaのイヤホンは基本的にこのような形をとっているので安心して通販でも購入することができる。

 

色々な色

Amazonで調べたところ、ざっと見てブラック、イエローゴールド、ディープブルー、メタリックレッド、シャンパンゴールド、ピンクゴールドの6種類の色があった。

ぼくは前使っていたイヤホンがブラックだったので限りなくホワイトに近いシャンパンゴールドを選んでみたが、ゴールドがいいアクセントになってなかなかに可愛い色だ。

どの色も見た目に安っぽさがなくていい。

 

コストパフォーマンス

通勤通学でお世話になるイヤホンはチープなものを選びたくはない。

かと言って、イヤホンに何万円もかけてられない。

ぼくはそんな感じだった。

そこでこのイヤホンが4,000円ちょいで文句のない音質を実現していたわけだ。

さすが良コストパフォーマンスで有名なaudio-technica様である。

おかげさまで毎日幸せな耳で生きていくことが可能になった。

あなたもこの機会にぜひどうだろうか。

created by Rinker
オーディオテクニカ(audio-technica)
¥3,860 (2019/11/22 08:46:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメント