Amazonアソシエイトの審査に合格。記事数やアクセス数を紹介。

ブログ

Amazonから一件のメールが届いた。

「Amazon.com Associates プログラム-アプリケーションが承認されました」と。

感動した。

心のどこかで「無理なのかなあ」と思っていただけに、喜びを隠せなかった。

そこで今回は、どのような運営状況のもとに合格を手にすることができたのか、参考までに紹介する。

 

合格時の運営状況

 

運営期間

ブログを始めて、1ヶ月とちょっと。

ちなみにアソシエイトの審査を申請したのは3週間前くらいだ。

早い人はその日のうちに結果をもらったりするらしいが、ぼくはかなり遅い方だった。

よく待ったと思う。

ちなみに同時期にアドセンスの審査も申請しているのだが、その結果もまだ来ていない。

なぜこんなにも焦らされなければならないのだろうか。

ちゃんと継続して運営しているかどうかを見られているのかもしれない。

 

記事数

20記事程度のタイミングで申請し、合格時は50記事ちょい。

長らく待たされただけに、かなりの記事数を更新したと思う。

何を信じて記事を更新していけばいいかわからなくなることもあったが、書きたいときに好きな記事を書ける雑記ブログの特性に救われた。

 

アクセス数

恥ずかしながら、アクセス数は検索流入がようやく毎日2.3アクセスを集めるようになった程度だ。

審査の結果に、アクセス数はほとんど関係ないということがうかがえる。

というかアンケートの回答以外にAmazonがそのブログのアクセス数を知るすべなどあるのだろうか。

 

他の広告

「審査に申請する際には他の広告を貼ってはならない」という都市伝説を小耳に挟んだことがあるが、ぼくはこれでもかというくらい貼っていたが合格した。

これはただの都市伝説に過ぎないのだろう。

 

Amazonの使用頻度

これが関係しているかどうかは定かではないが、ぼくは有料プライム会員でかなりのAmazonのヘビーユーザーだ。

審査にも同じアカウントで臨んだ。

関係しているならば、プライム会員様さまだ。

 

最後に

 

どうだっただろうか。

今回合格をすることができたのは、ぼくがコンテンツを充実させられているか、もしくはただのまぐれかもしれない。

この調子で、次はアドセンス合格だ。

 

p.s.

Amazon.com様、どうもありがとうございます。

是非ともこれまでより一層、親交を深めていきましょう。

コメント